CANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330を購入・感想レビュー

IT

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

さて今回は今まで家で使っていたプリンター調子がかなり悪くなってきたので、新しくプリンターを購入したお話です。

プリンターを購入したのは数年ぶりなので、かなりいろいろ迷いましたがなんとか目的とする機能があるものを購入することができました。

スポンサーリンク

CANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330を購入

さて購入したCANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330ですが、購入しようとした時期が2020年12月という年賀状を作る時期だった為、どこにも売っておらず納期もほとんどが1、2か月待ちのところ、なんとかネットで売っているお店を探して購入することができました。

年賀状の時期だけでなく、新型コロナウイルスの影響もあったのかもしれませんね。

CANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330の製品仕様

インク4色
プリントヘッド各色ノズル数C/M/Y×各320ノズル、顔料BK×320ノズル
総ノズル数計1280ノズル
最高解像度(dpi)4800(横)×1200(縦)
使用可能用紙サイズA4、A5、B5、レター、リーガル、はがき、スクエア(127mm×127mm)、2L判、L判、KG、ユーザー定義サイズ(幅 89mm~215.9mm、長さ 127mm~676mm)
使用可能用紙種類普通紙、光沢紙、郵便はがき、インクジェット郵便はがき、インクジェット光沢郵便はがき、当社純正はがき、フォトシールセット、貼ってはがせるプリントシール、オリジナルマグネットシート
プリント必要マージン
(カット紙)
フチなし
プリント時
上下左右:0mm (対応用紙サイズ:はがき・L判・2L判・KG・スクエア(127mm×127mm))
通常時上端:3mm、下端:5mm、左右:各3.4mm(レター・リーガルは左:6.4mm、右:6.3mm)
給紙方式後トレイ
給紙可能枚数
(最大積載枚数)
普通紙60枚
郵便はがき20枚
カラー液晶モニター1.5型セグメント(モノクロ)
インターフェイス
(PC用)
IEEE 802.11n/IEEE802.11g/IEEE802.11b、Hi-Speed USB
対応インクタンク【大容量】
BC-346XL/BC-345XL
【標準容量】
BC-346/BC-345
インク残量検知機能ドットカウント方式
稼働音約53.5dB(A)
動作環境温度:5~35℃、湿度:10~90%(ただし、結露しないこと)
消費電力コピー時
(Wi-Fi接続時)
約11W
待機時
(Wi-Fi接続時)
約1.7W
電源AC100V 50/60Hz
外形寸法
(横幅×奥行き×高さ)
※トレイ類/
突起部を含まず
約435×316×145(mm)
質量
(プリントヘッド、
インクタンクを含む)
約3.9kg
主な付属品インクタンク/
カートリッジ
BC-346/BC-345
USBケーブル
その他セットアップCD-ROM/
設置・基本操作マニュアル(紙)

製品仕様は公式サイトにも載っています。

なお主な特徴としては、4色ハイブリットインクとスマホからのプリント、Wi-Fiのかんたん接続でしょうか。

しかしこのWi-Fi接続にかなり悩まされました。

CANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330 感想レビュー

CANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330を購入した感想ですが、とにかくコンパクトですね。

今まで使っていたプリンターに比べれば大きさは約1/2となり、置く場所も簡単でした。

またネットワーク接続がWi-Fiしかない為、電源しか線がないのが良いところです。

直接PCと繋ぐUSB接続もありますが、最近の家には無線環境が整っていることが多いと思いますので、あまり使用用途はないですね。

印刷音についてはそこまで静かという訳ではありませんでした。
まぁ寝ている時に印刷をかけないのであれば何にも問題はありません。

インクも今まで6色使っていたのですが、今回から4色ハイブリッドインクとなりました。
若干経済的ですかね。

写真を高精細で出したい方であれば6色以上のインクを使ったプリンターがベストです。
まぁ4色でも普通の人であれば気にならないと思いますが。

印刷用紙については後ろからセットする以外に方法が無い為、こちらは用紙サイズを常に変えるような場合はちょっと不便ですね。今までは後ろからと下にセットする場所がありましたので、後ろからははがき、下にセットした要旨はA4としていたので。

基本的な操作はとても簡単だったのですが、私の場合は無線設定で躓きました。

いかんせん、プリンター側のネットワークの設定が細かく設定することができず、所謂かんたん設定しか使えなかったためです。

無線ルーターのメーカーがわかるので、説明書(ネットのマニュアル)通りにかんたん設定を何度行っても繋がらず、どうしたものかと悩み、無線ルーターの設定画面を見て、プリンターの仕様を見直したところ、プリンター側の周波数帯と、無線ルーターのかんたん設定で使用する周波数帯が違っていたことがわかりました。

無線ルーターのかんたん設定は基本デフォルトのままにしていました。

これ無線ルーターの種類によってはかんたんどころか、余計難しくなって詳しくない人だと絶対気が付かないですよね。

ちなみに使用している無線ルーターはNECのAtermになります。

しかしまぁ何とか周波数帯の違いを見つけることができたので、無事Wi-Fiを繋ぐことができました。

USB接続でもいいからプリンター側のネットワーク設定を手動でもできるようにしてほしいですね。安いから無理なのかもしれませんが。

ということで、全体的なレビューとしては概ね良いですが、Wi-Fiの接続が場合によっては苦労することがあるのが難点といったところでしょうか。

最後に

最近のプリンターは本当安いですね。
というかインク代のほうが高すぎて、数回交換したら新しくプリンターを購入できるんじゃないかという価格ですよね。

そういうビジネスモデルなんでしょうが。

それであれば、インクを大量に使う写真なんかは数枚で有れば、コンビニや写真屋さんで印刷したほうが圧倒的に安上がりでしょうね。

とまぁ若干インクのビジネスモデルへの文句になってしまいましたが、今回購入したCANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330はコンパクトでA4までであれば印刷できますし、価格も安いので非常に良い商品でした。

あまり大量に印刷せず、たまにしか使わないのであればこれくらいの仕様のプリンターで十分かと思います。

結構な量を印刷する場合には向いていないとは思います。

というわけで、今回は新しく購入したCANON(キャノン)インクジェットプリンター PIXUS TS3330の感想レビューでした。

当分プリンターは買わないで済むことを願います(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました