ステテコとパンツの違い

ファッション・アパレル

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

暑い日には部屋着として着用しているステテコ。
今回は、そんなステテコの話を書きたいと思います。

スポンサーリンク

部屋着として着用しているステテコについて

普段から部屋着として着用しているステテコ。
このステテコというのはいったい何なんでしょうか?

下着?ハーフパンツ?パンツは履く?履かない?
正直よくわからないですよね。個人的にはハーフパンツと何が違うのかと思うところであります。

そこでステテコについて少し調べてみました。

ステテコとは、暑い時にズボンの下に履く、古くから日本にある下着のことだそうです。
蒸し暑い日本の夏等にぱったりな機能的な下着として、おじさんたちの間で大流行した時期があるそうです。

ハーフパンツや短パンと何が違うのかというと、基本的には綿素材でできており、通気性・速乾性に優れた素材であること。汗によるベタつきや蒸れを解消し、伸縮性を備えているので、インナーとしてもアウターとしても使用できることとのこと。

なるほど。インナーでもアウターでも使用できるというのはハーフパンツや短パンと大きく違うところですね。ハーフパンツや短パンをインナーとして使用することはないですからね。

それではインナーとして使用する場合のパンツとの違いはなんでしょうか?

ステテコとパンツの違い

結論から言うとステテコの場合は、パンツの代わりにはならないそうです。
ステテコの使い方としては、パンツの上に履く or ズボンの下に履くという使い方になるそうです。

よってステテコはパンツとは違うということになります。

まぁたしかにステテコをパンツとして使用するには、ちょっと心もとないですよね。
でも汗のベタつきや蒸れを解消できるのあればパンツとして使用しても良い気もします。

しかしステテコの場合、基本的にはズボン下という部類に入り、ズボンを皮脂の汚れや痛みから守ったりする役割があるそうなので、パンツというよりは緩衝材といった形になるようです。

ただしアウターとしての役目も果たす為、パンツの上からステテコを履き、それだけで過ごすことも可能です。

ステテコは伸縮性がありゆったしているので、トランクスやボクサーパンツの上から履くことも可能です。

私なんかも基本的に暑い日の家でのスタイルはTシャツとステテコ(中にはトランクス)で過ごしていることが多いですね。

最後に

さてここまでステテコとは?パンツとの違いなどを説明しましたが、まとめるとステテコはズボン下であり、ステテコを履く際はパンツを着用すべきということが明らかになりました。

実際ステテコの前の穴はボタン一つで止まっているか前に穴が無いタイプが多いですよね。
よって、パンツをはかない場合は、ちょっと心もとない感じになってしまいます。

パンツ無しでステテコを履いた場合はパンツ1枚でうろうろしているのと変わりません。

特にブリーフやボクサーパンツを普段履いている人は、ステテコだけだと不安になりそうです(笑)

というわけで、パンツの上にステテコを履くスタイルで間違っていなかったので、今後もそのスタイルで行きたいと思います。

また機会があれば、まだやったことの無いズボンの下にステテコを履くことにも挑戦したいと思います。こちらはベタつきや蒸れを解消してくれるとのことなので、わりと履いている感じがしないのではないのでしょうか。

それではステテコについてはこの辺で終わりとさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました