お酒の初心者が始める、40代からの飲酒生活 – クラウン ローヤル(カナディアン)感想レビュー

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

さて、まだまだまだまだお酒の種類はたくさんあります。
しかしまずは初心者に手が出しやすい、手ごろなお酒を選ぶべきと考えている私が次に選んだのはこれ。

クラウン ローヤル(カナディアン)

スポンサーリンク

お酒の名前、格好良すぎない?

クラウン ローヤルはカナディアンウィスキーです。
お酒初心者な私は、名前と入れ物にひかれ、超有名なカナディアン・クラブではなく、こちらを選びました。(こちらも有名ですが)

入れ物がものすごく偉そうなんですが、お酒初心者には手が出しやすい、手ごろな値段であったので購入。

例によって、ウイスキーの説明を読んでみました。

1939年、イギリス国王として初めてカナダを訪問したジョージ6世への献上酒として誕生しました。豊富な穀類と清冽な水に恵まれたラ・サール蒸溜所では、600種ものブレンドを試作し、軽快な口当たりとまろやかな味わい、国王の王冠からヒントを得たとされる優美なボトル、そして王室調の紫のオペラバッグにおさめられたCrown Royalを誕生させました。個性的な味わいでありながらクセがなく、コク・香りの絶妙なバランスを追い求めてブレンドされたその深い味わいは、まさに高貴で格調高いお酒といえるでしょう。

https://www.kirin.co.jp/products/whisky_brandy/c_royal/

王室!どおりで入れ物が偉そうなわけです。名前もクラウンだしね!

どれどれ例のごとくストレートで早速飲んでみることに。

初心者がクラウン ローヤルを飲んでみて

おや。これは・・・まったく癖がない。
というより癖がなさ過ぎて私にはかなり物足りないかもしれない・・・

お酒初心者の私は、アルコール度数が高いお酒の味に舌が慣れていませんので、かなりあやふやなのですが、やはりこれは説明通りクセがないウイスキーのようです。

クセがここまでないところを見ると、何かと割って飲むのがよさそうなお酒です。(系統的にはホワイト・ゴールドラムと同じ感じのイメージです。味は違いますが)
基本的にはストレートを好む私ですが、機会があれば、いろいろと割ってみて試してみようと思います。

蒸留酒(スピリッツ)4本目で気がつきました。(まだまだお酒初心者です)
私は結構クセのある蒸留酒(スピリッツ)が好みなのかもしれないと。(日本酒は水のような奴が好きです)

※私の飲み方はほとんどがストレートであるので、別の飲み方(ハイボール等)の味の感想は、飲んだ時に都度更新していきたいと思います。また、個人の感想なので、誤った表現等があってもご容赦ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました