クールスモーキングで煙草を吸ってみよう

煙草
ご注意

この記事は喫煙を冗長・推奨したりするものではありません。
あくまで周囲に迷惑を掛けずに個人が余裕をもって、煙草を楽しむものとしてご覧いただければ幸いです。喫煙はマナーを守って楽しみましょう。

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

また喫煙を再開したのだが、ニコチン中毒からの解脱症状がかなりつらかったので、肺喫煙ではなく口腔喫煙にて、ニコチン吸収率を抑えたいと思っています。

また肺喫煙になると20本1箱の煙草を1日で吸ってしまいますが、口腔喫煙であれば多くても5本程度で済むので(1本で十分な時もあります)肺喫煙にならないように口腔喫煙で美味しく煙草を吸っていきたいと思います。

スポンサーリンク

クールスモーキングとはなんぞや?

クールスモーキングをいろいろとグーグル先生に尋ねてみたところ、要するにゆっくり煙草を吸うことをクールスモーキングと言うらしいです。

このゆっくり煙草を吸うことにより、煙草の燃焼温度煙の温度を下げることができるそうです。私は煙管もしていたので、その原理・原則と同じ気がしますね。(煙管も長ければ長いほど煙の温度が下がっていきます)

煙草の燃焼温度、煙の温度が高いと辛い味わいがしやすくなりますので 、燃焼温度、煙の温度を下げることにより、煙草本来の味・香り、ようは風味が楽しめるとのことです。

またクールスモーキングはゆっくり煙草を吸うので1本で5分~6分は煙草が楽しめます。これもクールスモーキングのメリットだと思います。

クールスモーキングの方法

クールスモーキングの方法ですが、あちこちのサイトや動画を調べた結果、たくさんのクールスモーキングに関する情報が出てきましたが、要するに

  • 肺で空気を吸うのではなく、口で吸う
  • 熱いスープを飲むような感じ、又は熱いスープをストローで飲む感じ
  • 呼吸は鼻から行う

以上のようなことらしいです。

こうすることで煙草本来の風味を美味しく味わえるとのこと。
確かに初めて吸ったセブンスターは恐る恐る吸ったからか不明だが、甘い味がしました。

煙草は高熱が加わることで辛味や雑味が加わり、味が悪くなっていくそうです。(特に乾燥していると)

クールスモーキングの目安

こちらは上記に説明を記載しましたが、参考になるような動画がありましたので、貼り付けておきます。

誰も教えてくれなかった 煙草の吸い方 講座 「煙草を美味しく吸う方法」

クールスモーキングの時間

プレミアムシガーリトラシガー紙巻きたばこパイプ等、いろいろありますので一概にどのくらいと言えませんが、通常の紙巻きたばこ(ショートピースのように短かったり、ロングタイプのように長かったりしない煙草です)だと、大体5分〜10分くらいでしょうか。

クールスモーキングの吸い方を意識して吸うとかなり長持ちしながら満足感が高めでした。

ただ時間がない時に吸ったり、ゆっくり吸う意識を、忘れて早く吸ってしまうと、満足感が低く(肺に入れてはいないので)もう1本吸いたくなってしまいますね。

こればかりは本当に慣れなんでしょうけど、当面はクールスモーキングを意識して吸ってみます。

クールスモーキングは慣れるまで難しい

20年近く肺喫煙でスパスパスパスパと吸っていたわけで、口腔喫煙からのクールスモーキングがこれまた難しいです。

まず口腔喫煙は、意識しないとどうしても肺で空気を吸ってしまいます。酸素を吸うのは意識しないと当たり前に肺呼吸なわけですから。

しかしジュースをストローで飲むのに肺で吸って飲む人もいないでしょう。口腔内の圧力でジュースを吸うわけで、口腔喫煙の目指すべきところはここなのです。しかしストローでジュースを吸うのは意識しなくても煙となるとなかなかな難しい。

美味しい煙草を吸うために慣れるまで頑張ります。

次にクールスモーキング。これも難しい。ゆっくりとか、スープを吸うようにとか、熱いコーヒーを、飲むようにとか感覚過ぎてわからんのですよ(笑)

自分なりのクールスモーキングを模索していくしかないですね。

クールスモーキングで美味しく吸いたい

まあいろいろ書きましたが結局は全て、煙草を美味しく吸うための作法みたいなものです。

試して試して試し続けて美味しく煙草を吸いましょう!

関連内容:煙草

コメント

タイトルとURLをコピーしました