煙草の値上げについて思うこと

煙草
ご注意

この記事は喫煙を冗長・推奨したりするものではありません。
あくまで周囲に迷惑を掛けずに個人が余裕をもって、煙草を楽しむものとしてご覧いただければ幸いです。喫煙はマナーを守って楽しみましょう。

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回は煙草の値上げについて思うことを書いてみたいと思います。

はっきりいってただの感想文・コラム的な記事なので役立つ記事が見たい人は、そっと記事を閉じていただくか、ページ最下部にある煙草に関する記事のリンクをたどってみてください。

スポンサーリンク

煙草を吸い始めた時

私が煙草を吸い始めたのは18歳のころでしょうか。
法律では20歳からなのでダメなことはわかっていましたが、昔は簡単に煙草が自動販売機やコンビニ、煙草やで買える時代でした。

今ではちょっと考えらませんよね。

実は言うと18歳になるまでは煙草嫌いでした。
というのも私は小児喘息があり、家族で煙草を吸う人がいたため結構苦しい思いをしていました。

といってもその家族は私が喘息を持っていることを知っていたので、私の前では吸いませんでしたけどね。

なので私の中では煙草=悪い物という固定観念があり18歳になるまでは煙草を吸いたいとは全く思ってもいませんでした。

周りでは普通に煙草を吸っている友人たちがいる中で私だけは特に煙草には興味がなかったのです。

しかしある時転機が訪れます。
それはバイト帰りの疲れた帰り道。バイト仲間が仕事終わりの一服といって美味しそうに煙草を吸っているのを見て、煙草を吸うと疲れが取れるのかな?と思い、帰りに自動販売機でセブンスターを購入しました。(当時はまだセブンスターは230円だったと記憶しています)

そして初めて煙草を吸ってみた感想としてはとても甘く苺のような味わいだと感じ、そこから今に至るまで長い喫煙生活を送ることになります。

何回か禁煙しては失敗しています。もはや禁煙のプロですね。
禁煙は続いていませんが、禁煙は可能です(?)

といっても最近ではニコチン中毒に苦しんだのでニコチンを多量に摂取する肺喫煙はやめていつでも煙草を止められるように口腔喫煙に変更しました。

これはこれで3ヶ月程禁煙をしてから始めたのでうまくいきましたが、肺喫煙から口腔喫煙にいきなり買えるのは難しいかと思います。

初めての煙草の値段は230円

少し書きましたが、初めて購入したセブンスターは230円という価格で、アルバイトをしている高校生でも十分毎日購入できる値段です。(週刊誌なども同じくらいの値段でしたけどね)

というわけで、230円で煙草を毎日吸う日々になったわけですが、そこまで高いものだとは思っていませんでした。

ジュースも110円~120円だったと記憶していますが、いうなれば1日ジュース2本分です。大したことない金額ですよね。

しかし私が初めて煙草を購入してから数年おきには、早い時では1年おきに煙草の値上げが始まっていました。

どんどんと煙草の値上げが始まる

今は違う煙草を吸っていますが、初めて購入したセブンスターで煙草の値上げによる価格の推移を記載していきたいと思います。

年月日価格備考
1969年2月(発売日)100円最初の価格
1975年12月150円物価上昇による値上げ
1980年4月180円物価上昇による値上げ
1983年5月200円物価上昇による値上げ
1986年5月220円物価上昇による値上げ
1997年4月230円消費税増税(3%→5%)
筆者が初めて購入した時の価格
1998年12月250円たばこ特別税の創設
2003年7月280円たばこ税の増税
2006年7月300円たばこ税の増税
2010年10月440円たばこ税の増税
2014年4月460円消費税増税(5%→8%)
2018年10月500円たばこ税増税
2019年10月510円たばこ税増税
2020年10月560円たばこ税増税

こうしてみると最初が100円だったのにたして、今やセブンスターは560円!
物価が今と違うとは言え、50年で5.6倍になったわけです。

しかもセブンスターは割と古い方で、最近出た煙草についても同様に値上げとなり価格がセブンスター並みになっていたりします。

私の愛煙しているアメスピも40円の値上げで570円になりました(泣)

こうなってくると煙草をすっているのかお金を吸っているのかよくわからなくなってきますよね。
手巻き煙草で節約しようにも刻み煙草(シャグ)も同時に値上げになっているわけですよね。

こうなってくると本当最後の一吸いまで吸わないともったいない気がしますが、それをするととてもまずい喫味になる為そこまではしたくないです。

私の場合ニコチンが欲しいのではなく、煙草の味、いわゆる紫煙を楽しんでいるわけですから。

最後に

どんどん値上がる煙草。一体いくらまで値上がりするんでしょうかね。

確かに先進国の中では我が国の煙草の値段は安いほうだと言われていますが、それにしても取りやすいところから価格を上げていくみたいな感じは正直歓迎できませんね。

煙草を吸えるスペースもだんだんと無くなっていっているのに価格も上がっていく。
これでは愛煙家としてはたまったものではないです。

せめて自分で煙草を栽培できるようならないものですかね。
そうすれば自家栽培でゆっくると煙草を楽しむことができるんですけどね・・・(もちろん売りませんよ)

というわけで、煙草の値上げについて少し思うところと、私の煙草の始まりについて書いてみました。
ここまでお付き合いありがとうございました。


【クールスモーキングのやり方・方法】
クールスモーキングで煙草を吸ってみよう
口腔喫煙・クールスモーキングのやり方・方法

【吸った煙草まとめ】
口腔喫煙・クールスモーキングを開始してから吸った煙草【紙巻きたばこ・シガリロ編 まとめ】
口腔喫煙・クールスモーキングを開始してから吸った煙草【刻みたばこ・シャグ編 まとめ】

【吸った煙草ランキング】
口腔喫煙・クールスモーキングを開始してから吸った煙草のおすすめランキング【紙巻きたばこ・シガリロ編】
口腔喫煙・クールスモーキングを開始してから吸った煙草のおすすめランキング【刻みたばこ・シャグ編】

1本から購入可能な葉巻通販サイト「シガーコネクション」

関連内容:煙草



コメント

タイトルとURLをコピーしました