初めてイチジクジャムを食べた感想・レビュー

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回は40年間生きてきて生まれて初めて食べたイチジクジャムの感想レビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

イチジク(無花果)とは

まずはじめてにイチジク(無花果)とは一体なんでしょうか?

イチジク(無花果)とはイラクサ目クワ科イチジク属の落葉樹木です。
西アジア、アラビア南部ではアダムとイブの話に出てくる「禁断の果実」とはイチジクのことだと古来から言われているそうです。

イチジクは9月に旬を迎える果物になります。
実の内部に花をつけ、外側から花が見えないことから「無花果」という感じが当てられます。

上品な甘みを味わえるイチジクは生のまま食べるほかに、料理やシロップ、ジャムにすればお菓子作りにも活用できます。

ジャムとは

ジャムは説明しなくても皆さんだいたいわかりますよね(笑)

それでもどういった定義のモノがジャムなのかを引用したものを掲載したいと思います。

ジャム (英: jam) は、砂糖が水分を抱え込んでその腐敗を遅らせるという性質を利用し、フルーツの果実や果汁に重量比10%から同量程度の砂糖や蜂蜜を加えて加熱濃縮し保存可能にした食品で、スプレッド類の1つである。コンフィチュール (仏: confiture)やコンフィテューレ(独: Konfitüre)ともいう。

Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0

引用通り、フルーツや果実に砂糖や蜂蜜を加えて濃縮し保存可能にした食品のことですね。

初めてイチジクジャムを食べた感想・レビュー

私は生まれてから1度もイチジクというものを食べたことがありませんでした。

そんな中、妻の実家(現在私も同居しています)の庭にイチジクの木があり毎年たくさんの実をつけ、いつも食べずにいたのですが、今回妻がジャムを作ってるのを見て美味しそうに見えたので初めて食べてみました。

出来立てのイチジクジャムを食べたところ、柔らかで上品な甘さと何とも言えない食感でとてもとても美味しかったです。

正直、味については表現できない味でした。イチジクの味としか表現しようがなく他のどんな果物とも似ていない味です。こればかりは何とも表現がしようがないので機会があれば食べてみてください。

なお生のイチジクも食べてみましたが、ジャムよりは当然甘くないですが、ほんのり上品な甘さでした。どちらかといえば食感を楽しむ食べ方といったところでしょうか。

恐らくイチジクは加工したほうが美味しい果物なのでしょうね。

ジャムについては、イチジクの皮を剥いて砂糖で煮詰めて完成です。簡単ですね。

収穫したばかりのイチジクは樹液のような白い液体が出続けますが、これに触るとかぶれたり痒くなったりするので気を付けて皮を剥いてくださいね。

最後に

イチジクジャム・・・こんなに美味しいジャムがあるのか!と正直思いました。

ジャムの中ではママレードが一番好きだったのですが、今回初めて食べて、イチジクジャムが一番になりました。

それほど美味しい!なんというか他に代替えできないジャムといったところです。
イチジクジャムはイチジクジャム以外ありません!

イチジクジャム本当に美味しかったです。イチジクが高いだけのことはあると心底思いました。
もし食べたことが無い人があればぜひおすすめします!市販品でもいいので!

関連内容:食・スイーツ

スポンサーリンク
糖分のたぬき

おっさん。東京人から山形人へ。小中学生娘2人の父。
好きなこと:天気がいい日にぼけっとすること。
嫌いなこと:自身の不安定な精神。
現在の状態:キャンプに少しはまっています。筋トレ継続中。糖尿病・軽度うつ病治療中。
自己紹介:https://racoondog-village.com/openblog/
Twitter:@racoondog12345

糖分のたぬきをフォローする
糖分のたぬきをフォローする
たぬむら(狸ビレッジ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました