キャンプの初心者が始める、40代からの宿営生活 – 楽しく焼こう!ホットサンドメーカー(HSM)を購入・感想レビュー

アウトドア

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

やっと!やっとこさホットサンドメーカー(HSM)を手に入れいました!
キャンプのギアとしては定番中の定番ともいえるこのギアをまだ持っておらず、いろいろあるホットサンドメーカー(HSM)を物色してはいつ買うかいつ買うかとウズウズしておりました。

ホットサンドメーカー(HSM)を物色したりキャンプ動画を見る中で、できれば真ん中から外れて2つのフライパンとして代用できるタイプが欲しく、また焼き目のマーク等がないタイプをひたすら探していましたが、なかなか欲しいタイプのもの・お値段がマッチせず手を出していませんでした。

しかーし!この度ダイユーエイトで1,980円で売っていたので、ついについに買ってしまいました!

※ネットだともっと安かったと思いますが衝動買いに近いです(笑)
※またしてもキャンプ道具の沼にはまっている次第であります(笑)

それでは早速使用感をレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホットサンドメーカー(HSM)開封の儀

さてホットサンドメーカー(HSM)ですが、斜めに焼き目が付き、2つに分けることが株式会社ヨシカワの「焼き目がサクサク ホットサンドメーカー」を購入しました。

実はホーマックでもう少し安い価格で売っていたのを見かけたのですが、みんな庭キャンし始めた時期で、ずっと売り切れとなっていたのです(泣)

しかしホーマックのホットサンドメーカー(HSM)は何やらマークがついていたので、丁度よかったとも言えます。

それでは早速開封をしていきたいと思います。

左・・・オーソッドクスなホットサンドメーカー(HSM)形態。ホットサンドを作る日が楽しみで仕方がありません。ワクワク

中・・・ホットサンドメーカー(HSM)のひらき形態。中の状態を確かめるのにさくっと開いてみることができるのは嬉しいですね。

右・・・ホットサンドメーカー(HSM)の分割形態。普通のフライパンとして目玉焼きを2個焼くことが出来ます。

また見てわかる通り、斜めに焼き目が付くように加工されていて、少しだけお洒落になホットサンドを作ることができます。

またガス専用とは書いていますが、特に気にせず火さえあればなんでも良いような気ががします。

基本はガスバーナーで使用するつもりですし、あっても炭火の上で焼くと思います。
焚き火の上では煤が割とすごいので恐らく使用しないと思いますので問題ないでしょう。(といっても使いたくなったら焚火で使用すると思いますが)

鳥皮を焼いてみよう

ホットサンドメーカー(HSM)なのに、最初に作るのが鳥皮焼きという(笑)

いいんです!楽しければ!焼ければ!火を使えれば!

キャンプの醍醐味は皆さんいろいろあると思いますが、周りに迷惑を掛けずに本人が楽しければそれが一番なのです!(言い訳ではありません。真理です)

それでは早速、家にあった鳥革でジュージューします!(数日前に庭BBQであまった鳥皮さん)

作る工程は非常に簡単です。

  1. ホットサンドメーカー(HSM)をガスコンロの上に置く!
  2. ホットサンドメーカー(HSM)を開く!
  3. 必要であれば両面に油をひいたりバターを塗る!
  4. 火をつける!
  5. 温まったら具材をのせる!
  6. ホットサンドメーカー(HSM)を閉じる!
  7. 頃合いを見てひっくり返す!
  8. 完成!

これだけです。
それでは早速上記の流れに従い鳥皮をのせます。

じゅ~じゅ~♪

やっぱりいい音ですね。肉がやける音というのは。食欲をそそりまくります。
しかしやはり鳥皮。出るわ出るわ油が。

こういった油や汁物が多く出るときの注意点としては、ひっくり返すときに隙間からこぼれる油や汁物を受け止めるお皿があると便利です。

ホットサンドメーカー(HSM)を開き、良い感じに焼けたら完成です。
早速ホットサンドメーカーでジュージューと焼いた鳥皮を頂くことにしましょう。

ホットサンドメーカー(HSM)で焼いた鳥皮。そのお味は?

うんまぁい!!
やっぱりホットサンドメーカー(HSM)で焼いた鳥皮は美味しいですね。

※ガスコンロなのでフライパンと同じと言ってしまえばそれまでですが、こういうのは気持ちがとてもとても大事なのです。

何度かひっくり返す過程で油がとても大量にでましたが、そのおかげでしょうか。
そこまでしつこくなくパリッとした鳥皮が出来上がりました。

どんどんと箸が進んでいきます。
これはもはやお酒のおつまみでしょうね。(今回はお酒は飲みませんが)

ホットサンドメーカー(HSM)のメリットはやっぱりひっくり返すのが楽なことと余分な油・水分を取り除くことができることでしょうかね。

フライパンだとひっくり返すのもなかなか手間のものもありますし、何より余分な油・水分を取り除けるのが大きいです。

デメリットとしては焼くスペースが小さいのであまり大きなものは焼くのが難しいですね。まぁ切ればいいのですが多人数用ではちょっと厳しいかも?

今度は朝にホットサンドメーカー(HSM)の主役と言えるホットサンドを、実際に作ってみたいと思います。

ホットサンドメーカー(HSM)は他にも「丸いタイプ」や「真ん中で切れ目が斜めに切れるタイプ」「パン1枚で半分のホットサンドが作れるタイプ」「2枚のホットサンドを作れるタイプ」等いろいろあると思いますが、それはおいおい買っていきたいと思います。(完全に沼にはまっております)

関連内容:キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました