キャンプ道具の紹介 – 【マット】Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式

アウトドア

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回もこれまで私が使用してきた・使用しているキャンプ道具について紹介させていただきたいと思います。

今回ご紹介するキャンプ道具は、寝袋の下に引く「Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式」になります。

スポンサーリンク

キャンプ道具の紹介 – 【マット】Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式

Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式の厚さは3cm・5cm・8cm・10cmとありますが、私は5cmを購入しました。
3cmだと少々薄く、8cmだとちょっとお高めだったので5cmを選びました。

特徴としては以下の通りです。(公式サイトから引用)

■寝返りもできる、快眠マットレス!
厚さ5cmのキャンピングマットは、マット上部のバルブを開くと、それだけでマットが自動で膨らむので簡単に設置することができます。

■しっかりと体を支えます
厚さ5cmの縦型打ち抜きウレタンフォームを採用しているため、快適にご使用いただけます。
3cmマットよりは、収納は大きくなりますが、それ以外で見ると、断然5cmマットがおすすめです。

Bears Rock – https://bears-rock.co.jp/product/product_category/campingmat/

色はいくつかありますので、好みの色を選びましょう。私の場合は家族分全て色違いで購入しました。

キャンプ道具の紹介 – 【マット】Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式の感想・レビュー

こちらの「Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式」は自動膨張式なので、ほうっておいてもある程度は空気が入るので手間はそこまでかかりませんが、パンパンにしたいのなら空気を入れる必要があります。

またウレタンも中に入っているので、多少空気が抜けたところでも十分マットとして使用できます。

空気をパンパンに入れても、普通に入れても、弱く入れてもウレタンがあるおかげか寝心地はあまり変わらない気がしました。

むしろ空気をパンパンにすると若干寝ずらいような気がします(笑)

私が購入した「Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式」の面白い点としては複数枚を繋げて連結できる点でしょうかね。

子供がいる場合は3枚~4枚のエアーマットを連結して1枚のエアーマットとして使用すると隙間が無くなるので地面からの寒さが伝わりにくいかもしれません。

ただし子供の寝相が悪いと、マットを伝って蹴られることになりそうですがね(笑)

最後に

「Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式」は5cmも厚さがあれば十分かと思います。
3cmだとちょっと薄いのでお勧めはやはり5cm以上になります。

本当は8cmを使ってもみたかったですが、ウレタンが入っているせいで折りたたむことができず丸めてしまう必要があり結構かさばります。その為8cm以上だとウレタンの厚さが増えますので丸めてもかなりの嵩張り具合になるのではないでしょうか。

但しウレタンはとても軽いので多少嵩張っても重さはほとんど感じませんのでいっぺんに運ぶことができますよ!

以上、私の使用してきた・使用しているキャンプ道具の一つ、「Bears Rock(ベアーズロック)マット 自動膨張式」の紹介でした!

関連内容:キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました