キャンプ道具の紹介 – 【バーナー】SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330

アウトドア

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回もこれまで私が使用してきた・使用しているキャンプ道具について紹介させていただきたいと思います。

今回ご紹介するキャンプ道具は、「SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」になります。

スポンサーリンク

キャンプ道具の紹介 – 【バーナー】SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330

「SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」はカセットコンロなどで使うガスボンベを使用することができる分離型のストーブです。

使用燃料は所謂CB缶という奴を使用するタイプです。

分離型なので、ガスボンベがストーブにより熱くなることは無く安心して使用ができます。
またコンパクトに収納できるのも利点です。

特徴としては以下の通りです。(公式サイトから引用)

4本ゴトク
鍋の安定性に優れた4本のゴトクを採用。バーナーの本体も4本で支えるため本体の転倒防止にも役立つ仕様です。

優れた耐風性脳
約300個の炎口から出る火足の短い炎と、すり鉢状のバーナーヘッドにより優れた耐風性脳を発揮します。

軽量・コンパクト
持ち運び時は4本のゴトクを折り畳んで、コンパクトに収納可能。重量は250g(本体のみ)の計量モデルです。

ソロキャンプ時はもちろん数人のキャンプ時の大鍋も使用可能。

SOTO レギュレーターストーブ ST330- http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-330/

キャンプ道具の紹介 – 【バーナー】SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330の感想・レビュー

注文から2ヵ月も待って購入できた大人気商品です。

ガス缶を直接つなげるバーナーは輻射熱でガス缶に不安を抱いていたので、どうしてもホース型のバーナーが欲しかったのですが、イマイチいいのが無く迷っていたところ、このバーナーにたどり着きました。

1つ前の型では点火スイッチが火が出る根元部分にあったのですが、今回からはホースの部分に点火スイッチがあり、操作がしやすいです。

とても重宝して使用させてもらっています。

1点難点があるとすれば、載せる台によっては足部分が金属なので結構滑ることです。
この点については、みなさんレビューされておりシリコンチューブ等をはめて対応していましたので、私も真似してみました。

SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330はとても軽く、コンパクトにまとめられるので100均でかった小さな箱に入れていつも持ち運んでいます。

軽量でコンパクト、そしてCB缶で経済的と考えるとほとんどメリットしかなく、デメリットは皆無といってもいいのではないでしょうか。

最後に

SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330は焚火の代わりになるわけではありませんが、朝の時間帯やちょっとコーヒーを飲みたい時などは、ささっと火をつけて使うことが出来るので、これは大きいですよね。

カセットコンロを持って行くのも良いですが、ちょっと大きくてかさばるので出来るなら軽量・コンパクトのものを持って行きたいですもんね。

多分キャンプ用品の中での使用頻度はダントツに高いギアだと思います。
正直、家でも使いたいくらいです。

実際家でもお米を炊いて見たりしました。美味しかったです。

またST-330には同一メーカーからではないですが、オプション品なども販売されているので、面白そうなものがあれば購入していきたいと思っています。

例えばゴトク部分にはめて使用するテーブルとかですね。結構いい感じなのでページ下部に商品をのせておきます。

以上、私の使用してきた・使用しているキャンプ道具の一つ、SOTO(ソト)レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330の紹介でした!

関連内容:キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました