キャンプの初心者が始める、40代からの宿営生活 – 庭キャンではなく畑キャン!

アウトドア

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響で娯楽に関する外出もままならず、キャンプ場も人気のところは休業している状態が多いですね。

部屋キャン、庭キャン、ベランピングと家を中心としたキャンプをする人たちが増えてきたこともあり、我が家でも何かできないかなと考えていました。

スポンサーリンク

畑でキャンプをしてみよう!場所の選定

部屋でキャンプをするには少々厳しく、庭でキャンプをするのもありなと思っていたのですが、我が家には畑があるので、そこならキャンプもできるのでは?と思い我が家の畑をとりあえずいろいろ見てみました。

なお我が家の畑は飛び地というか、いろいろなところに点在していて、場所によっては隣で農作業している方に見られ、道路沿いの場合は散歩やジョギングしている方なんかにも見られることになるので場所の選定は大事でしょう。

※特に見られても構わないのであればどこでもいいとも言えます。

まずは下記条件で我が家の畑を探すことにしました。

  • 周りに木が多く、目隠しの役割を果たす場所
  • 畑としてメインに使用しているより苗木を植えて育てている場所
  • 畑としてメインで使用しない場所

なかなかいい条件の場所が無かったのですが、2つ程条件に当てはまる場所がありました。

ただし片方は果樹の木がたくさん周りにある場所でしたので、果樹を育てている他の農家さんからよく見られることになる為、こちらは却下しました。

畑でキャンプをしてみよう!場所の決定

なんとか条件に当てはまる場所を見つけることができました。
それは下記の写真のような場所になります。

ぱっと見た感じ周りには使用していないビニールハウスや木等が多く、背の高い草もあり遮蔽物としての役割と果たしてくれそうです。

また隣に水路がある為、水捌けも良さそうです。

ただし枯れ草が多く、キャンプ用として整地しているわけではないので焚火は厳禁とします。燃え移ってしまったらあっという間に広がってしまいますので。

ただ畑キャンプの欠点なのですが、炊事場とトイレが無い為、水は持っていく必要がありますし、トイレは家に帰るか近くのお店、または簡易トレイを使用するしかありません。

こればかりは仕方がないことなのかなと思っています。(畑作業とほとんど同じですね)

まとめ

畑でキャンプは庭キャンとはちょっと違う感じなので、せいぜいデイキャンプで利用できるといった感じでしょうか。

家が近くで有れば、庭キャンと全く変わらないのですが選定した場所は車で3分くらいはかかるので、宿泊には向いていないかなと思っています。

※家から近い候補地があれば、そちらも下見してみたいと思います。

またキャンプ場ではないので火を扱うのは注意が必要です。
ガスコンロくらいであれば問題ないでしょうが、火の粉が飛びやすい焚火・炭火はちょっと難しいので、こちらは実際のキャンプ場や河川敷などで行いたいと思います。

さてさて、いつからデイキャンしてみましょうかね。
畑でキャンプ。試したらレビューしてみます!

でもまぁやっぱり畑や庭だけでなく本格的にキャンプができる場所にいきたいですね。

TAKIBI

関連内容:キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました