キャンプ道具の紹介 – 【寝袋】Bears Rock(ベアーズロック)-6度 寝袋 シュラフ 封筒型

アウトドア

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回もこれまで私が使用してきた・使用しているキャンプ道具について紹介させていただきたいと思います。

今回ご紹介するキャンプ道具は、寝袋の「Bears Rock(ベアーズロック)-6度 寝袋 シュラフ 封筒型」になります。

スポンサーリンク

キャンプ道具の紹介 – 【寝袋】Bears Rock(ベアーズロック)-6度 寝袋 シュラフ 封筒型

Bears Rock(ベアーズロック)の寝袋は-6度から-30度まで対応した封筒型の寝袋がありますが、基本的に冬キャンプはしないので、春~秋までにかけて使用できる-6度の寝袋を選びました。

特徴としては以下の通りです。(公式サイトから引用)

■使いやすい封筒型
封筒型の最大の特徴でもあるフルオープンが可能なので、夏の暑い時期などは、敷布団(マット)としてやブランケットとしても使用できます。

■汗をよく吸い、洗えて清潔
中綿で使用している中空化学繊維は、水になじみやすく、寝袋を丸洗いすることができますので、いつでも清潔にご使用いただけます。

■寝心地と保温力
表面生地を触ってみるとふわふわとして質感がやわらかく気持いい素材で出来ています。
内側の生地は入ってすぐに温かみを感じることができる素材を使用しています。
中綿もふんわりしていますので、布団のようにゆったり眠れます。

Bears Rock- https://bears-rock.co.jp/product/product_category/sleepingbag/

色はいくつかありますので、好みの色を選びましょう。私の場合は家族分全て色違いで購入しました。

キャンプ道具の紹介 – 【寝袋】Bears Rock(ベアーズロック)-6度 寝袋 シュラフ 封筒型の感想・レビュー

初夏から初秋にかけて使用しましたが、なかなか温かく、キャンプをする地域や場所によっては少し暑く感じるかもしれません。

初秋に使用した時は子供たちは暑かったのか途中で寝袋から飛び出て寝ていました。

この寝袋、かなり保温力に優れているので、厚着で寝なくても自分の体温で十分に温まることができます。

適応温度が20度~8度~-6度になっていますので冬には向いていないと思いますのでご注意ください。
また8度~-6度については厚手の服を着こんで使用しないと快適には寝れないようです。

使用可能温度域内の場合に、どうしても寒ければ毛布を中に入れて使用しても、封筒型でゆったりしているので窮屈ではありませんでした。

また封筒型の特徴の一つとして、足元にチャックがあり開封可能と言うことでしょうか。
これだけで、暑くなったり寝づらい場合は足元のチャックを開けて足を出して寝ることができます。

これのお陰で私はとても楽で快適にねることができました。

最後に

「Bears Rock(ベアーズロック)-6度 寝袋 シュラフ 封筒型」は春~秋にかけてであれば十分気温的には対応可能です。

冬用が欲しければ、値段は上がりますが-15度~-30度のものを購入する方がいいでしょう。

また寝袋も丸洗いすることができますので、汗を吸ったものはすぐに丸洗いして洗濯しましょう!
丸洗いできるのはこういう時とても便利ですね。

以上、私の使用してきた・使用しているキャンプ道具の一つ、「Bears Rock(ベアーズロック)-6度 寝袋 シュラフ 封筒型」の紹介でした!

関連内容:キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました