キャンプ道具の紹介 – 【ランタン】FIELDOOR(フィールドア) LED ランタン

アウトドア

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回もこれまで私が使用してきた・使用しているキャンプ道具について紹介させていただきたいと思います。

今回ご紹介するキャンプ道具は、LEDランタンの「FIELDOOR(フィールドア) LED ランタン」になります。

スポンサーリンク

キャンプ道具の紹介 – 【ランタン】FIELDOOR(フィールドア) LED ランタン

FIELDOOR(フィールドア) LED ランタンはハリケーンランタン風のLEDランタンになります。

カラーバリエーションが5種類ほどありますが、私はシルバーのFIELDOOR(フィールドア) LED ランタンを使用しています。

特徴としては以下の通りです。(公式サイトから引用)

どこか”懐かしい”アンティークデザイン
本物のオイルランプのようなLEDランタン

まるで本物のオイルランプのような、どこか”懐かしい”LEDランタンの登場です。12灯のチップLED搭載で火を使うことが無いので、テントの中でも安全に使用することができます。明るさはダイヤル式無段階調節が可能。お好みの明るさに簡単に調節することができます。キャンプやBBQなどのアウトドアから、インテリアとしてもオススメなアイテムです。

12灯のチップLED搭載
火のような”やさしい灯り”でアウトドアを演出

ランタンには12灯のチップLEDを搭載。ダイヤル式の無段階調節でお好みの明るさに調節することができます。色温度は2,500~2,700ケルビンに設定。火のような”やさしい灯り”で、雰囲気も楽しむことができます。

乾電池式だから安心・簡単!
テントの中やインテリアとしても最適!

実際に火を使用せず、乾電池式のLEDランタンだからテントの中でも安心して使用することができます。また、アンティークのようなお洒落なデザインなのでインテリアとしてもGOOD。災害時などの”いざっ”といった時にもオススメです。

FIELDOOR アンティークLEDランタン – https://fieldoor.com/accessory/antiquelantern/

使用する電池は単1のアルカリ乾電池2本を使用します。

明るさはオイルランタンのオイルを入れるところの代わりにダイヤルが付いており、そこで無段階調整で明るさ調整が可能です。

ハリケーンランタン風のLEDランタンなので吊るしたり持ち運びが可能です。もちろんLEDなので熱さを感じることもありません。

キャンプ道具の紹介 – 【ランタン】FIELDOOR(フィールドア) LED ランタンの感想・レビュー

FIELDOOR(フィールドア) LED ランタンは単一電池2個必要ですが、燃料や火を使わないので全く危険はなく、ハリケーンランタン風味で雰囲気がでます。

ただしLEDなのですが、そこまで明るくありませんでした。
これであればオイルランタンのほうが明るさはあるかもしれませんね。

ただし火を使わないので、危険がなくどこでも使用できることがメリットになりますね。す。

メインのライトとして使用するにはちょっと心もとないですが、他の明るいライトと合わせたり、ハリケーンランタンの雰囲気を味わいたい場合にはとても良いギアです。

最初はオイルランタンを買ったのですが、そのオイルランタンの取り扱いがいまいちでFIELDOOR(フィールドア) LED ランタンを買ったのですが、単1の乾電池2本以外のデメリットが無かったのがとてもよかったです。

テーブルに1個置くだけで、とても雰囲気がでましたね。

最後に

FIELDOOR(フィールドア) LED ランタンはLEDなので取り扱いもとても楽で使用しない場合は電池を抜いておくだけで、お手入れなどはほとんど必要ないのでとてもラクチンです。

ただし先ほども書きましたが、LEDにもかかわらずそこまで明るくありませんので、同タイプのハリケーンランタン(オイルランタン)のが明るいかもしれませんね。

あくまで雰囲気を危険なく味わいたい時のギアという感じでしょうか。

私の場合は特に電池を入れるだけで使用でき、荷物としてもそこまで場所をとらないのでサブサブライトくらいの感覚で毎回持って行っていますけどね。

以上、私の使用してきた・使用しているキャンプ道具の一つ、FIELDOOR(フィールドア) LED ランタンの紹介でした!

関連内容:キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました