40代から始める農作業(畑・庭・プランター) – 番外編【その3】妻が育てた枝豆の苗移植!【2021年/春夏】

農業

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

私が作業している畑の一部が余っているので、妻がポットから育てていた枝豆の苗を移植することにしました。

スポンサーリンク

枝豆の苗を移植しよう!

まぁ畑に移植といっても、普段私がやっていることとかわりません。

すでに何かに使うかと思いマルチをはっていたところに、穴をあけある程度育った枝豆の苗を植えていくだけです。

といっても枝豆は上に上に伸びていく性質があるので、苗を移植したら棒を立ててあげないと上に伸びていきませんので棒を立てることにしました。

そしてできた形が上記の写真になります。
あとは日々の水やりと消毒をかかさなければ終わりです。

7月頭に苗の移植を行ったので、実際に枝豆が収穫できるのは9月~10月といったところだそうです。

枝豆は育てたことがないので、義父に聞きながら育てることにします。

最後に

枝豆は妻の管轄なので、特に私はついでの水やりしかやりませんが、どのように育つのでしょうかね?
8月の頭の段階では大きくはなってきているように見えますがまだ実が付いているように見えませんので、これからの楽しみといったところでしょうか。

実がついたころにまた記事にしたいと思いますね!


もし畑に興味があり所有していないのであれば、農業指導も含まれているレンタル畑・シェア畑を借りてはいかがしょうか。なかなか評価も良いようですよ。

関連内容:農業・農作業【2020年】




コメント

タイトルとURLをコピーしました