40代から始める農作業(畑・庭・プランター) – 成長・収穫編【その5】西洋野菜(黒ピーマン)の収穫1回目!【2021年/春夏】

農業

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

7月上旬、浜クロピーという名の鎌倉マルシェブランドの黒ピーマンを収穫しました。

スポンサーリンク

西洋野菜(黒ピーマン)を収穫!

鎌倉マルシェというブランドの浜クロピーという名の西洋野菜(黒ピーマン)を収穫しました。

ぱっと見は真っ黒なピーマンかなというくらいで、大きさは通常のピーマンの2/3くらいの大きさです。まぁピーマンと言われればピーマンなんでしょうが、ちょっと小さいような気がしました。

初めて栽培する野菜なので、どのあたりで収穫するのかがわからず、とりあえず実があまり固くないものを収穫しました。

右の写真の左に4個ある真っ黒なものが西洋野菜の黒ピーマンですね。

初めての西洋野菜(黒ピーマン)を食べてみよう

さて初めて栽培した西洋野菜の黒ピーマン。一体どんなお味でしょうか?

とくに説明では生食は勧めていなかったので、普通に炒めて食べることにしました。
うん。はっきりいって普通のピーマンでした(笑)

ただ面白かったのは、火を通しすぎると段々と色が黒から緑色になっていくことでしょうかね。
そうすると単なるピーマンと全く見分けがつかないので、黒い意味がないような気がしました。

ですので、彩をだしたいのであれば、熱を通しすぎないで色を残すことがポイントでしょうかね。

最後に

さてまだ1回目の収穫。種の袋の説明の記載にはたくさん収穫できるようなことが書いてあったので、ゆっくりと時間をかけてたくさん収穫したいと思います。

ただこれ以上時間をかけても、あまり大きくならない印象で実だけがどんどん増えていくといった感じがしましたので、また大量になりはじめたら収穫といきますかね。

しかし白ピーマンのときもそうでしたが、初めての野菜を栽培するのって難しいですよね。消毒が必要なのか、追肥はいるのか、どのくらい大きくなるのかと初めて尽くしでとりあえず成長を見ながらいろいろと手探りで試していってみています。

実が結構ついたので支柱を3本立てて、全体が倒れないようにしたりもしました。


もし畑に興味があり所有していないのであれば、農業指導も含まれているレンタル畑・シェア畑を借りてはいかがしょうか。なかなか評価も良いようですよ。

関連内容:農業・農作業【2021年】



関連内容:農業・農作業【2020年】




コメント

タイトルとURLをコピーしました