心の病気(こころのびょうき)との付き合い方 – 心療内科にいってきました【その8】とにかく自信を持とう!

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

最近の心の不安についてですが、もともとの原因である仕事に関する出来事の目途が大分たってきたおかげで、少しづつではありますが安定してきたと思います。

さて心の病気(こころのびょうき)になってから、8回目の心療内科での診察となりました。

もう8か月も立つことに驚きです。それでも少しづつ治っていっているんだと思って日々を過ごしています。

スポンサーリンク

心の病気(こころのびょうき)の診察 第8回目

8回目。今回も前回と同様に朝一で予約を取っていましたので、例のごとく職場に到着後、荷物を置き、病院へ出発しました。7回目の問診は先生が緊急で入院してしまったあとの1発目の診察でしたが特に先生は問題なく元気にしていました。(私が心配することではありませんが)

ここ1ヵ月、大分心も安定してきたと思い何を先生と話そうかなと考えて病院へいきました。

今回は少しだけ不安になることや、前回先生から言われた心のコントロールの成果を先生に聞いて見ようと思います。

いつも通り15分前に病院へ到着し、軽い問診票を記入し体重を図って診察時間を待ちます。予定通り9時30分になりましたが今回は診察が押しているのか30分すぎた10時に私の名前が呼ばれました。

今回の待ち時間はほとんどありませんでした

今回の待ち時間はあまり混んでいなかったおかげか、時間通りに診察室に呼ばれることとなりました。いつもこうだと本当いいんですけどね。

病院の待ち時間程、暇で無駄だなぁと思う時間はありませんからね・・・

では名前を呼ばれたので診察に行きましょう。

おはようございます。失礼します。

今回もマスクとビニール越しなので普通の声で挨拶をしてから先生の前まで行きます。

先生
先生

おはようございます。
その後調子はいかがですか?

たぬき
たぬき

はい。調子ですが仕事の目途が大分たってきて、大きな不安は大分落ち着いてきたと思います。

先生
先生

それはいいことですね。
何かまだ不安になったり困ったりするようなことはありますか?

たぬき
たぬき

まだ少しだけ仕事でドキッとする場合があり、その時だけ少し動悸がします。

先生
先生

なるほど。
それでも仕事はきっちりと出来ているようですね。

たぬき
たぬき

はい。お陰様でなんとか仕事は出来ています。

先生
先生

気持ちのコントロールは美味く言っているようですので、次は自信をとにかく持ってみてください。

たぬき
たぬき

自信ですか?

先生
先生

自信をもって何事も行っていけば心・気持ちのコントロールも段々としやすくなっていきます。

ですのでとにかく自信をもっていきましょう!

たぬき
たぬき

はい。わかりました。
自信をもってやっていきたいと思います。

とりあえず今回は、気持ちコントロールをよりコントロールしやすいように自信をもって何事も行っていくということを教えていただきました。

たしかに昔は自分なら何でもできるし何がきても大丈夫とおもっていた時期もありましたが、最近はめっきりそういった思いや自信はなくなったと思います。

なんとかなる!まぁ大丈夫か!

といった思いがきっと自信なのだと思います。
今はそれが少しづつではありますが、何とかなると思いながら過ごすことにしています。

おかげで少しづつですが不安定さは改善してきたと思います。

心の病気(こころのびょうき)の診察8回目のまとめ

今回は自信を持つことについて先生と話すことができました。

これまた具体的にどのように自信を持てばいいのかは聞くことができませんでしたが、なんとかなる!まぁいっか!くらいの軽い気持ちで考えていれば少しづつ自信も持てるのではないかなと思いました。

人生いろいろあるかと思いますので、どうでもいいことは適当に、大事なことは自分ならできると思い過ごしていきたいと思います。

自信を持てる何かを持っている方がいれば、是非教えてください!
逆にそういったものが無いのであれば一緒に探していきましょう!

マインドガード

関連内容:心の病気(こころのびょうき)

コメント

タイトルとURLをコピーしました