心の病気(こころのびょうき)との付き合い方 – 心療内科にいってきました【その32】行動・言動を変化させよう その2

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

さて心療内科に通い始めて32回目の通院となりました。

前回の行動・言動を変化させようの続きの記事になります。

最近は同僚と話し合った結果、クレームがなくなりましたが、一体全体どういう時に同僚が嫌な気分になるのか具体的にはあまりわかっていません。そのあたりを少しづつ進めていきたいので先生と再度話をしました。

スポンサーリンク

心の病気(こころのびょうき)の診察 第32回目

32回目。今回もいつもより早い時間に診療所へご出勤。

予約時間より20分くらい前につくと良い感じで早く呼ばれるので最近は20分前に到着することが多いですが、お盆前なのか結構人が多かったです。駐車場も満車で困りました。

今回は結構待ち時間がありました

今回はお盆前のせいか人が多くわりと待ち時間がありました。いつもは早いのでちょっとげんなりですね。新型コロナも増えているので待合室が混んでいるのはちょっと怖いです。
それでは早速、診察室に向かいましょう。

おはようございます。失礼します。

今回もマスクとビニール越しなので普通の声で挨拶をしてから先生の前まで行きます。

先生
先生

おはようございます。
調子はどうですか?

たぬき
たぬき

最近はぼちぼちですね。

先生
先生

仕事はやれていますか?またストレスは感じますか?

たぬき
たぬき

仕事は順調です。ストレスも人並みには感じますね。

先生
先生

さて前回の個性の部分ですがその後どうなりました?

たぬき
たぬき

最近は同僚と話し合ったおかげか、全くなくなりましたね。

先生
先生

奥さんと話してみましたか?

たぬき
たぬき

はい。話してみましたがなかなか具体的なところがわかりづらく、どうすればよいかとくわかりませんね。

先生
先生

そうですね。やはり一般論ではなく個別・エピソード毎に1つ1つ話していくしかありませんね。

とにかく行動や言動を変化させるように努力していきましょう。

たぬき
たぬき

わかりました。そうしてみます。

ありがとうございました。

というわけで、引き続き自分の行動や言動を変化させていくうえで、個別に考えていくよう言われました。

心の病気(こころのびょうき)の診察32回目のまとめ

今回は前回記事に書いた通り私の共感性の低さ、及び個性がたまたま仇となってでている感じなのですが一般論に当てはめても仕方がないので、奥さんや同僚に具体的に個別にエピソード毎に話をして解決していくしかない旨お話されました。

クレームが入ってきた場合個別に1つ1つ解決していくよう努めていきたいと思います。

次回は32回目。体調はいいですが精神面でたまに不安になる時があるので、それもなんとかしたいですね。それではまた!

マインドガード

関連内容:心の病気(こころのびょうき)

コメント

タイトルとURLをコピーしました