心の病気(こころのびょうき)との付き合い方 – 心療内科にいってきました【その33】不安症と認定され薬が増えました

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

さて心療内科に通い始めて33回目の通院となりました。

今回は3年通院して初めて私の症状を断定されました。

スポンサーリンク

心の病気(こころのびょうき)の診察 第33回目

33回目。今回もいつもより早い時間に診療所へご出勤。

今回は夏休み明けなので、全く人がおらずスムーズに診察迄進みました。

今回は結構待ち時間が全くありませんでした

先程書きましたが、今回は全く人がおらず、速攻で診察室に呼ばれました。
それでは早速、診察室に向かいましょう。

おはようございます。失礼します。

今回もマスクとビニール越しなので普通の声で挨拶をしてから先生の前まで行きます。

先生
先生

おはようございます。
調子はどうですか?

たぬき
たぬき

調子はいいですが、仕事終わりごろから若干不安になってきますね。

先生
先生

薬が切れてきているのかもしれませんね。
食後に飲む薬を早く飲んでみたらよいかもしれません。

たぬき
たぬき

わかりました。それでもたまに不安になる時がありますが。

先生
先生

あなたはうつ病というよりは不安症です。
ですので、今回は新しい薬を使ってみたいと思いますが、いかがですか?

たぬき
たぬき

特に問題はありません。

先生
先生

副作用もあると思いますが、それでは新しい薬をだしましょう。
SSRIという薬になります。

たぬき
たぬき

(あとで調べるとして)SSRIですね。わかりました。

先生
先生

副作用が出た場合には、即電話してくださいね。

たぬき
たぬき

わかりました。そうしてみます。

ありがとうございました。

というわけで、今回は新しい薬が追加されました。SSRIという薬だそうです。
薬はセルトラリン錠25mg「アメル」というもののようです。

セルトラリン錠25mg「アメル」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典
セルトラリン錠25mg「アメル」(一般名:セルトラリン塩酸塩25mg錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経メディカルが運営する医療・医薬関係者向け医薬品検索データベースです。

心の病気(こころのびょうき)の診察33回目のまとめ

新しい薬が増えたので、調べたところ副作用に不安と書いてあるのが気になります・・・

不安症なのに副作用で不安になったら本末転倒ですよね。さて効き目の程はどうなのか・・・

ちなみに今回新しくもらった薬はパニック障害等で使われる薬のようです。不安症も一種のパニック障害のようですが、私の場合、不安障害というより適応障害のような気がするんですよね。

あることをしていると不安になってくるので・・・

それでも、一括りでパニック障害というのであれば今回追加された薬は効き目がきっとあるのでしょう。まぁ効き目がでるのに3ヶ月くらいかかると書いてあるので気長に待つとします。

次回は34回目。上手く薬がきくといいんですがね!それではまた!

マインドガード

関連内容:心の病気(こころのびょうき)

コメント

タイトルとURLをコピーしました