心の病気(こころのびょうき)との付き合い方 – 急激なストレスにはまだ耐えられない

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

心の病気(こころのびょうき)の心療内科で診察を受けた4回目を受けた直後の話です。

心療内科で診察を受けた次の日。
金曜日最後の仕事も終わり家に帰ると、とあるシステムの修正依頼のメールが来ていました。
はっきりいってそれを見た瞬間全てのテンションが駄々下がりでした。

スポンサーリンク

一気に噴き出してくる心のモヤモヤ(急激なストレス)

そのメール内容は厳密にいえば私以外(外部の協力者に頼むなど)にも出来る仕事ではあるんですが、現状私が行うしかありませんでした。

本来は土日を休んで月曜日に出社してから行っても、私には全く問題がない(私の責任ではないので)のですが心の病気(こころのびょうき)になるくらいの性格なので土日の間待っていられる気がしませんでした。

仕方が無いので急激なストレスにより一気に噴き出したモヤモヤのままの状態で素早く夜ご飯を食べ、筋トレを行い、リモート環境で仕事に臨みます。

結局やらなくてもよかったという心の病気(こころのびょうき)の状態

修正しなくてはいけないシステムはざっと見積もって3件ありました。
修正方法は記載されていたので、記載されている方法に従い修正し、テスト環境・本番環境にてテストを行いました。

1件目は以上で終わりで、恐らくデグレード等はなく、問題ないと思うことにして終了しました。

2件目、3件目と修正を行う前にあることを思い出しました。
実は1件目と2件目、3件目の修正指示元は違うので(修正内容は同じですが修正指示が出ているところが違う)、2件目の修正を行う前に修正指示を見たところ、実は3件とも修正対象外のシステムだったのです。

修正対象外というのは、その機能を使っていないというだけで修正しようがしまいが動きは同じということになります。

1件目の修正指示ではあいまいな指示だった為、どの機能が対象よくわからなかったので修正しましたが、2件目、3件目の修正指示を見たところ対象の機能を使用していないことがわかりました。

これも心の病気(こころのびょうき)のせいなのでしょうか?
結局、はやとちりで修正して無駄な時間を過ごしました。

よく考えればこの修正はお客様の希望で行うものであって、私の判断で行うものではなかったという気がしました。修正しないよりはしたほうがいいのは間違いないですが、無償でやってよかったのだろうか・・・デグレードは本当にないのか等余計なことを考えてしまいモヤモヤが収まりませんでした。

心の病気(こころのびょうき)のモヤモヤ解消のために経営者に報告

はっきりいって修正してしまったので責任は私にあるかもしれませんが、本来の私の業務ではないので会社の責任と思い、少しでも私のモヤモヤ解消の為、経営者に報告をしました。

これは私が倒れると仕事が回らなくなる為なので、会社の為ともいえます。

そして、何かあっても会社が責任を持つという言葉を信じ、瞑想をすることによりモヤモヤを少し解消することができました。

現在の心の病気(こころのびょうき)のまとめ

結局のところ急激なストレスにはまだまだ心は耐えられないようです。
急激なストレスにさらされた結果、心の病気(こころのびょうき)の結果であるモヤモヤが一気に噴き出してしまいましたから。

さらにこの記事を書いていても思い出して若干モヤモヤがでてくるくらいです。
全ては会社の責任として、私は私でそこに依存しないようにゆっくりとでも心の病気(こころのびょうき)を治していき、ストレス耐性を少しでも上げられればと思います。

マインドガード

関連内容:心の病気(こころのびょうき)

コメント

タイトルとURLをコピーしました