40代から始める農作業(畑・庭・プランター) – 準備編【その2】玉ねぎの種を購入【2022年/秋】

農業

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

さて2022年の春・夏準備は終わりましたが、来年の春・夏の為に、2022年の秋から玉ねぎを植えることにしました。

義父・義母曰く、何もしないでいいから簡単で良いとのこと。また2022年は玉ねぎが高騰したため、来年に備えて私も育てることにしました。
い、いろいろと考えました。

スポンサーリンク

玉ねぎの種を購入

玉ねぎの苗を購入しても良かったのですが、種から育てても大した手間もかからないようでしたので、玉ねぎの種を購入しました。

種は全てポットにまき大きくなったら畑に移植予定です。

購入した種は黄玉葱です。
本当は病気に強いとかいう黄金玉葱もあったのですが、2袋購入予定で1袋しかなかったので、今回はこちらを選びました。

最後に

玉ねぎを育てるのは初めてですが、わりとなんにでも使える食材なのでいっぱい育てたいと思います。

まぁ来年の初夏まで収穫できないので、植える場所を考えておかないと畑を耕すことができなくなるのでちょっと考える必要がありますけどね。

また、田植えのようにポットで育てた玉ねぎは、1本1本畑に植えるそうなので、どのようになるかちょっと不安です。ちゃんと定着するのか。風で飛ばされないのか等。

次回は、ある程度大きくなった玉ねぎを畑に移植する作業を開始したいと思います。

さて、この記事を見ただけでは野菜を作ってみようとは思わないかもしれませんが、興味があり畑が無いのであれば、レンタル畑・シェア畑を借りてはいかがしょうか。

関連内容:農業・農作業【2022年】



関連内容:農業・農作業【2021年】



関連内容:農業・農作業【2020年】




コメント

タイトルとURLをコピーしました