子供の眼鏡の選び方 その2

ライフハック

こんにちは。糖分のたぬき(@racoondog12345)です。

今回は、長女に続き次女の視力も落ちてきたので授業中に使用する眼鏡を購入する際の眼鏡の選び方のお話を。
なお次女の視力が落ちてきた話については下記になります。

まず、子供の眼鏡選びは小学生や中学生は成長に合わせて顔の形、顔のパーツが変わっていくので、レンズの度数だけでなくフレームも成長にあわせて都度変更する必要があります。

今回は小学生の次女用に眼鏡を作ることになったので、子供に好きな眼鏡フレームを選んでもらいたいと思います。(KIDS用途なので)

スポンサーリンク

子供の眼鏡を作ることになった経緯

小学生の次女は小学校入学直後の視力検査時点で片目が乱視と診断されていました。
これは小さい時に長い間、前髪が目にかかっていた弊害かなと思っています。

小学校入学時点では片目が乱視ではありましたが、眼鏡が必要なほどではなかったので経過観察していたのですが、小学校3年生になり段々と視力が落ちてきたようなので、眼科で詳しく調べることにしました。

長女と違い次女の場合は小学生ということもあり眼科ではそこまで黒板を重要視するようなものではないので様子を見ましょうと言われました。

この時点で長女は中学生なので黒板が見えないと話にならないということで眼鏡になりました。

小学生と中学生で黒板の重要性が違うみたいですね。

様子を見て2ヵ月が経ち、また眼下に次女だけ連れて視力を調べてもらいました。

眼科で出た子供の視力と結果

さて再度眼科に行き、小学生の次女の視力はどうなったかなと調べた結果が以下になります。

2ヵ月前の視力:左目1.0 右目0.2 近視と乱視
今回の視力:左目0.9 右目0.2 近視と乱視

どうやら右目に引きずられて左目も悪くなってきているようでした。

なお私も妻も視力は低く、2人とも眼鏡。ちなみに私は近視と乱視、妻は近視です。

そして眼科医が言うにはさすがに眼鏡にした方がいいということで、眼鏡にすることが決定しました。

というわけで、小学生の次女の眼鏡を購入しにいくことになりました。

ちなみに、前回の視力検査で長女は眼鏡になり、次女は様子見と言われ眼鏡をかけたかった次女はがっかりしていましたが、今回眼鏡が必要といわれたことでかなりウキウキしていました。

眼鏡になって嬉しいっていうのは気持ちはわかりますが(笑)
なんか子供の時って眼鏡に憧れってありますよね。あれなんなんでしょうかね。頭が良くなるとでも思っているんでしょうかね(笑)

子供の眼鏡の選び方

とりあえず眼鏡を購入するべく、眼科で処方箋をだしてもらいます。
なお今回購入する眼鏡は常時つけるためのものではなく、授業中に黒板が見えない時だけかけるイメージです。プラスして家でSwitchをやる時や細かい文字を見るときですかね。

処方箋をもらい、早速近くの眼鏡や「JINS(ジンズ)」に行くことに。
ここで小学生用の眼鏡を購入するわけですが、KIDS用の眼鏡って結構少ないですね・・・

今の子供たちは目が悪い子がとても多いので、KIDS専用眼の眼鏡屋とかあってもよさそうですよね。

ロゴ

さて次女の初めての眼鏡選び。ファッションにはうるさい性格の次女。
少ないKIDS用の眼鏡も種類と色でパターンが増え、眼鏡を手に取ってかけて鏡を見てはあーだこーだとずうーーーーーーっと言っています。

まぁ次女にとって眼鏡は良く見る為の道具というよりは、ファッションの一部としてとらえており、なかなか決まらないようです。

あれもいい、これもいい、あれはどう?これはどう?と本当全然決まりません(笑)
私と妻の2人で、それが一番似合っていると言ってなんとか決まったところです。

正直な話、長女は眼鏡を選ぶ顔なのでなかなか似合う眼鏡を探すのが難しかったのですが、次女はどれを選んでも良く似合う顔だったので、なかなか決まらなかったようですね。

さて今回の眼鏡選びは、前回長女に眼鏡選びのコツを伝えたのですが、次女には全く必要ありませんでした(笑)

ちなみに以前にも書きましたが、眼鏡選びのコツは「眼鏡の似合う似合わないは顔の形やパーツ、眼鏡の種類によっていろいろあるが、眼鏡のフレームの上部が眉毛と目の間に位置すれば大体の眼鏡は似合う」というものです。

この眼鏡の選び方は私の持論ですが、私も妻もこの選び方で眼鏡を購入しています。
なおこの選び方は大人・子供関係なく使える選び方だと自負しております。

まぁ次女は何をかけても似合ったので、もともとこのコツにあてはまるタイプの顔だったのかもしれませんね。

というわけで、次女はJINSでKIDS眼鏡を購入しました。(写真撮り忘れました)

最後に

「JINS(ジンズ)」で購入した眼鏡の価格は長女の時と同様に5,500円(税込)でした。
しかも他のお客様も全くいなかったのでわずか30分で眼鏡を作ってもらえました。

前回も言いましたが、早い・安いで素晴らしいですね「JINS(ジンズ)」は!

ところで長女は大人用の眼鏡を買ったので、視力が変わったり、眼鏡が壊れたりしない限りは再度購入するつもりはないのですが、次女の場合はまだ成長過程なので早々と眼鏡を再度購入する必要がでてきそうです。

個人的には小学校高学年あたりで眼鏡を購入できれば、そこまで成長を気にしないですんだのにと思いますが、まぁ仕方がないですよね。

黒板が見えなくて勉強がすすめられないのであれば意味がないですしね。

しかし長女も次女も二人ともガチャ目(片方が極端に悪い)とはどういう遺伝なんでしょうかね・・・
絶対現代の環境のせいだと思っています。

ちなみにJINSの場合、眼科からの処方箋をうけて眼鏡を作った場合ですが、度数の変更でレンズを交換する際は、再度処方箋がいるようなのでご注意ください。

ロゴ

関連内容:子供・教育

関連内容:ライフハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました